FC2ブログ
薬学部生による大学内のお話。受験生が知りたい薬学部の学生生活や講義の内容など、役立つ知識を幅広く書いてあります。学費,再受験,予備校,授業料,6年制,国立大学,社会人入試,難易度,新設,倍率,学士,編入
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
薬学部偏差値ランキング受験!相談から就職・薬学生の生活




コメント頂いたアキさん、返答が遅くなりました。続きからお読みください。
薬学部偏差値ランキング受験!相談から就職・薬学生の生活



実際にアキさんの年齢で入ってくる方もいますし、一度働いてから入学してくる方もいます。

学年にこういった方々は、10~15人くらいではないでしょうか。実際に私も社会人経験がある方や、医学部を目指していたが、方向転換されて薬学部にきた方にも友人がいます。

私の友人の方々は、年上にも関わらずまったく気取ったところがなく、すぐに打ち解けて、今ではいろいろなことを相談できる仲になっています。

あと薬剤師の将来性ですが、これは未来の政治がどうなるかわからないので予測ができません。

ただし政府は地方への公平分配型から、グローバル企業支援型にシフトしていることからも、薬剤師の免許さえあれば、ある程度の給料がもらえて一生安泰という時代は終わったのだと思います。

企業支援のためにも、薬学部を乱立して薬剤師の数を増やし、企業の人件費の負担を少しでも減らして、更に企業同士を競争させる。そしてその淘汰に残った本当に強い企業だけを支援しようとしているのではないでしょうか。

免許さえあればどうにかなると思っている薬剤師は淘汰されるが、常に患者やそのご家族、また医療従事者のことを誠実に考え、生涯勉強を続ける薬剤師は、どんな世の中になっても必要とされるのではないでしょうか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ご丁寧なお返事どうもありがとうございます!!

 将来結婚したいと思っているのですが、薬剤師は育児や家事をしながらでもやりやすい職業だと思っていました。でも、先々薬剤師過剰時代がくるのは目にみえているし、免許さえあれば薬剤師として働ける、という時代が終わる可能性は高いですよね。

 今は埼玉の実家で体調を整えながら少しずつ勉強を始めています。医学部に見切りはつけたものの目標が未だ定まっていないので勉強に身が入りません。もっと薬剤師の良さを知って決断するしかないきがしています。。。
2007/03/28(水) 23:36 | URL | アキ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yakugakubuyakugaku.blog67.fc2.com/tb.php/90-700bebfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
相互リンクサイト集なら相互リンクPRO!相互リンク募集中 ホームページ売上アップドットコム|ホームページ診断×SEO対策ツール SEO対策でアクセスアップ